ニューカッスル戦を終えて思うこと

f:id:daridenon:20180415234749p:plain

スタメンにウィロックが入りチェンバースやホールディングも最終ラインに入ります。ベンチは若い選手が中心です。立ち上がりはプレミアリーグらしい展開でバタバタした入り方になります。ジャカはアンカーの位置に入り、低い位置からあまり動かずエルネニーが幅広く動きゲームを作ろうとします。ウィロックはなかなか自由にプレーさせてもらえません。

f:id:daridenon:20180415234914p:plain

その中でムスタフィからのロングパスにオーバメヤンが抜け出し、難しい態勢からクロスを上げてそれをラカゼットが上手く合わせて先制します。その後もカウンターからいくつかチャンスを作ります。

 

チェンバースはセンターバックよりサイドバックの方が向いているかもしれません。ベジェリンにはない高さがあるので、守備的なサイドバックとして相手によって使い分けるのもいいかなと思います。ラカゼットにボールを当ててそこからオーバメヤンやイウォビがサイドに流れてチャンスを作れていました。

f:id:daridenon:20180415235250p:plain

しかし30分過ぎにニューカッスルがペレスのゴールで同点に追いつきます。ムスタフィの対応は前節に引き続き気になりました。その後お互いにチャンスがありましたが前半は1-1で終えます。ウィロックのところが相手に引き続き狙われていました。イウォビはよく動いてチャンスを作ろうとしていましたし、チェンバースは前半シュートを1番撃ったかもしれません。

 

後半は立ち上がりからアーセナルがボールを回す時間が続きますが、崩しのアイデアが足りない感じでなかなかシュートまで行けません。エジルラムジーの不在の影響が出ている気がします。ニューカッスルも球際に激しくいきながら、スペースも消して上手く守っていました。

f:id:daridenon:20180415235431p:plain

その後ウェルベックがウィロックと交代で入ります。しかしその直後ニューカッスルスローインの流れからリッチーが逆転ゴールを決めます。アーセナルは最終ラインがバタバタしてしまいました。

 

アーセナルはパスの精度が低くチャンスを作れません。70分を過ぎてもニューカッスルは守備の強度が落ちません。その後チェンバースに代わりスピードのあるナイルズが入りますが、その後も大きく流れは変わらず2-1ニューカッスルが勝利しました。ディアメが攻守に効いていました。

 

アーセナルは後半チャンスシーンを作らせてもらえませんでした。ベニテス監督がハーフタイムに修正したからでしょう。対してヴェンゲル監督は相変わらずフォワードの選手を並べるだけでパスの出し手がいなくなり、どのように崩そうとしていたのかわかりませんでした。こういうところが批判の対象になっているのでしょう。ただ若い選手達にとってはいい経験になったと思います。

足アーチを守り、ケガを予防。アスリート絶賛の機能性インソール【BMZインソール】