クリスティアン・パボン、オスピナ、アンドレ・ゴメスに関する報道について

 

アーセナルは、ボカジュニアーズ所属でアルゼンチン代表の、クリスティアン・パボンの獲得に関心を示しているようです。今年の冬の移籍市場でも、サンチェスの代役として、報道されたこともありました。

 

ロシアW杯でも、強力なスカッドの中で、プレーする機会を与えられていました。

 

退団に向かっているオスピナが、ボカジュニアーズへの移籍の可能性があるようで、その取引を絡めた交渉を行なっているのかもしれません。

 

パボンには、現状で3000万£程度の契約解除条項があるようです。アーセナルは、ドリブルで打開できる選手が少ないので、対戦相手によっては、個の部分で突破できる選手は必要かもしれません。

 

前線の選手の獲得の噂も出始めました。

 

 

 

 

次に、バルセロナアンドレ・ゴメスの獲得にも興味を示しているようです。特にエメリ監督が希望しているとのことです。バルセロナでは、主力選手とは言えない状況なので、バルセロナ側も、金額によっては、交渉に応じる用意があるようです。

 

少し前に報道された、バネガは、エメリ監督が獲得を希望しているとのことでしたが、セビージャの街を気に入っており、クラブを離れる意思はあまりないようです。

 

そのため、アンドレ・ゴメスの報道が出始めたのかもしれません。エンゾンジの報道もありましたし、アーセナルのフロントは、中盤の選手層に満足はしていないようです。

 

ただ、エルネニー、ジャカ、ナイルズは契約延長しましたし、来シーズンもプレーする姿を見たい選手です。ルーカス・トレイラも来るようですし、中盤が飽和しそうな気もします。

 

最終ラインも選手層が分厚くなりましたし、かなり本気で上位争いをすることを考えているように思います。

 

エメリ監督の下、どのようなサッカーを見せてくれるか楽しみです。